世界の真実を、知りたくはないか?

ライトノベル 10K Active
著者: 巫夏希
時間: 7 月 前
まとめ:

異なる世界、ハイダルク王国。世界の中心に聳える『知恵の木』、その木から生まれ落ちるエネルギーの塊である『知恵の木の実』——その二つを享受する勢力は『ガラムドルズ』と呼ばれ、その中心に存在するのがハイダルク王国である。ハイダルク王国の王子・レーデッド・アドバリーは、世界ではその姿を消しつつある錬金術の才能があった。そしてそれこそ、王としての素質があると認められる理由でもあった。本来であれば喜ばねばならないことだった。しかしながら、レーデッドは姉のミリアのことを思うと、素直には喜べなかった。きょうだいとして生まれた時、片割れが王となるならばもう片方はそのブレーンであり盾として生きていかねばならないからだ。優秀なのは、自分ではない。姉だ。姉のミリアもまた、かつて世界を救った勇者一行の一人『守護霊使い』の力を身につけていた。そんな中、ハイダルク城が反ガラムドルズ勢力に襲われる。その時の少年フィードとの出会いが、彼らの運命を大きく左右することになる——。そして、これが世界の大きなうねりの始まりになろうとは——誰も知らない。※作者個人サイト・小説家になろうとの並行連載です。…続きを読む

Top