• 王国に念願の第三王子が生まれた。第一王子は『剣聖』のスキルを持ち、第二王子は『賢者』のスキルを持って生まれた。 偉大なるスキルを持つ二人の兄と同じように、第三王子も凄いスキルを持って生まれると国王は大いに期待していた。 けれども、期待した分だけ、第三王子のスキルを聞いた時の落胆は凄まじいものだった。第三王子のスキルは『泳ぐ』だった。 ただ上手く泳ぐ事が出来る駄目スキルに、国王は思わず王妃の浮気を...
    170K
  • 『探求士』とは老年期の男性曰く、「好き勝手に生きる我儘な粗暴者」老年期の女性曰く、「家庭さえも顧みないろくでなし」青年期の男性曰く、「己の生き方そのもの」青年期の女性曰く、「冒険にその生涯を賭けるロマンチスト」幼年期の男の子曰く、「しょうらいの夢」幼年期の女の子曰く、「キラキラしててかっこいい」原因不明の病を患った少女が少年と出会い、それまでの憧れを現実にする決意を胸に宿した。これは満足に魔術も...
    530K
  • なんやかんやで世界崩壊の危機が終結してから2ヶ月。問題解決の当事者であったユリアーナ騎士団であったが、王国祭と、それと同時に開催される騎士団長ティアレーゼの護国卿就任式を3ヶ月後に控え、団員達はのんびりと平穏な日々を過ごしていた。あのユリアーナ騎士団が運命厄災を終結させた物語のアフターストーリーという体になります。実際はそのような前日譚は存在しないので、知らないゲームの拡張パック的なイメージでお...
    150K
  • 主人公アークの両親は元冒険者で、世界中のあらゆるものを見てきたと言う。『凶悪な罠の仕掛けられたダンジョン』『龍が護る財宝の山』『空を飛ぶ幻の大陸』 そんな話を毎日楽しそうに聞かされれば、当然進む道も決まってくると言うものだ。 アークは夢のような冒険に興味を持ち、いつか偉大な両親を超えるような冒険者になると決意したのだった。 そこからアークの地道な努力が始まった。苦労してスキルを覚え、四歳にして大...
    210K
  • 貧乏国アールヴレズルの王妹ツェリは、憤っていた。六歳の姪に舞い込んできた縁談の相手は隣国の第一王子(四十二歳、子供十二人、孫一人)、しかも第十九妃ときて、許容できるはずがない。いざとなったら姪の身代わりになることを決意していると、ツェリにも他国から縁談が舞い込んで事態が急変する。兄王曰く、これは無茶な縁談ではなく、戦の準備に人質を集めているのではないか、と。交渉の時間を稼ぐために、ツェリは国外へ...
    210K
  • [転:戦争編、公開中……!]<<01話~33話まで改稿済>>(※現在、この作品は不定期で改稿作業を行っています。故に改稿後と前で『文章の描き方』や『設定などの違い』。『キャラのセリフ』等、結構な相違点があると思います。少しずつ早めにも全話改稿を目指していますのでご了承いただけると幸いです)魔法世界クロヌス。その全てを魔法で補い統率をはかる《...
    830K
  • 無念を残したまま不慮の死を迎えた主人公の魂を呼び寄せたのは、異世界の賢者だった。開拓者必読の書とも言われる永遠のベストセラー、『神の書』の著作者【真田 誠】の旅路と人生。神に見捨てられていた世界創造の実験場、箱庭世界フィフスにて、賢者の弟子となった彼は何に出会い、どう生きていくのか。序章の説明回は、バックボーン的なお話なのでスキップ可です。【手っ取り早く本編に行きたい人のための、序盤~第3章まで...
    170K
  • 魔物が蔓延る、常に死と隣り合わせの世界。そんな世界で冒険者を目指す少年レオ・ナポリ。彼は生まれ持った強靭な肉体を生かし冒険者になるが、何故か最低階級のE級認定されてしまう。レオは一流の冒険者を目指し、日々精進していくのだった。 ...
    160K
  • 高校生デビューを失敗したことがトラウマで、引きこもり生活をしていた加龍威沙那(17)はある日、アリスティアという女神にこの世界とは異なる世界に送り込む儀式、『異世界転送』の転送者に任命され異世界に送り込まれる。送り込まれた世界は人とドラゴンが共存している世界だった。そこで与えられた威沙那の使命はこの世界の学び舎である魔法学園に転入し、一人前の龍魔導士になり魔王を倒すことだった……。 ...
    120K
  • 【改稿させることにしたので、完結させます】名古屋は錦町。歓楽街で賑わう片隅に、一つの小料理屋が佇んでいた。風俗などの同伴などもなく、ごく普通の客層で賑わう店の店主には、少し秘密がある。店主が望んだ『心の欠片』を引き出す客には、店主の本当の姿ーー猫の顔が見えてしまうのだ。元地獄の補佐官だった猫が経営する、名古屋の小料理屋さんのお話。地獄出身だからって、人間は食べませんよ? ...
    280K
  • Top